光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 全文公開【まとめ】

    一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

  • 光文社新書PLUS

    小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

  • コトバのチカラ

    ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

ウィジェット

  • 商品画像

    不安型愛着スタイル~他人の顔色に支配される人々~ (光文社新書)

    岡田 尊司
  • 商品画像

    広告の仕事~広告と社会、希望について~ (光文社新書)

    杉山 恒太郎
  • 商品画像

    「美食地質学」入門~和食と日本列島の素敵な関係~ (光文社新書)

    巽 好幸
  • 商品画像

    時を超える美術~「グローカル・アート」の旅~ (光文社新書)

    新見 隆

リンク

記事一覧

【第52回】「自由の勝利は明白な事」だという死を賭した叫び!

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

光文社新書
9か月前

心理学的決定論とは何か?―僕という心理実験Ⅲ 妹尾武治

トップの写真:ビッグバン直後に誕生した最初の分子「水素化ヘリウムイオン」が発見された惑星…

光文社新書
9か月前

最大60%OFF!【Kindleタイムセール祭り】光文社新書5冊が対象

こんにちは。電子書籍担当の佐藤です。2月28日月曜日もずいぶん経ってしまいましたが、Kindle…

光文社新書
9か月前

【新連載】失敗からこそ学べること――エンタメ小説家の失敗学2 by平山瑞穂

初回はこちらから。 平山瑞穂さん、最新刊です。 はじめに 後編失敗からこそ学べること 実…

光文社新書
9か月前

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.58

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしてい…

光文社新書
9か月前

タイと日本の友好関係は愛憎の泥沼劇場のよう(第13回)

これまでの連載はこちらから読めます↓↓↓ 第二次世界大戦からもわかるタイ人の巧みな外交国…

光文社新書
9か月前
【第52回】「自由の勝利は明白な事」だという死を賭した叫び!

【第52回】「自由の勝利は明白な事」だという死を賭した叫び!

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか?
■デマやフェイクニュースに騙されていませんか?
■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか?
★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します!

自由主義者の『所感』終戦直前の1945年5月11日

もっとみる
心理学的決定論とは何か?―僕という心理実験Ⅲ 妹尾武治

心理学的決定論とは何か?―僕という心理実験Ⅲ 妹尾武治

トップの写真:ビッグバン直後に誕生した最初の分子「水素化ヘリウムイオン」が発見された惑星状星雲NCG 7027 © Hubble/NASA/ESA/Judy Schmidt

妹尾武治
作家。
1979年生まれ。千葉県出身、現在は福岡市在住。
2002年、東京大学文学部卒業。
こころについての作品に従事。
2021年3月『未来は決まっており、自分の意志など存在しない。~心理学的決定論〜』を刊行。

もっとみる
最大60%OFF!【Kindleタイムセール祭り】光文社新書5冊が対象

最大60%OFF!【Kindleタイムセール祭り】光文社新書5冊が対象

こんにちは。電子書籍担当の佐藤です。2月28日月曜日もずいぶん経ってしまいましたが、Kindleのタイムセール祭りのお知らせです。

2月28日、23:59〆で下記5点の光文社新書がなんと……最大60%OFF!

それでは、5冊を簡単にご紹介いたします。

①織田淳太郎/「孤独」という生き方~「ありのままの自分」でいることのできる、自分だけの居場所を求めて
通常価格990円(税込)→60%OFF!

もっとみる
【新連載】失敗からこそ学べること――エンタメ小説家の失敗学2 by平山瑞穂

【新連載】失敗からこそ学べること――エンタメ小説家の失敗学2 by平山瑞穂

初回はこちらから。

平山瑞穂さん、最新刊です。

はじめに 後編失敗からこそ学べること 実際に売れたという実績をほとんど持たない人間が何を言っても説得力はないかもしれないが、正直な気持ちを言わせてもらえるなら、売れている作家の作品と自分の作品とを比べてみて、自分の作品にあからさまに遜色があると感じたことはない。少なくともある時期までは、ネームバリューのある出版社から引きも切らず執筆依頼が来ていた

もっとみる
#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.58

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.58

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていくこちらの連載。光文社古典新訳文庫のツイートを受け、光文社新書が「勝手に」ひもづけて、あるいはこじつけて既刊本をご紹介していきます! 担当・田頭の「勝手な」ふり返り付き。

『ケンジントン公園のピーター・パン』『オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家』『砂男/クレスペル顧問官』→『自画像のゆくえ』担当の自

もっとみる
タイと日本の友好関係は愛憎の泥沼劇場のよう(第13回)

タイと日本の友好関係は愛憎の泥沼劇場のよう(第13回)

これまでの連載はこちらから読めます↓↓↓

第二次世界大戦からもわかるタイ人の巧みな外交国として日本とタイの関係は長く、2017年には日タイ修好条約が結ばれて130周年となった。1887年(明治20年)9月に結ばれた「日暹(にちせん)修好通商に関する宣言」から、日本とタイの国交は正式に開かれている。

とはいえこれは現王朝との国交の話だ。実際は条約が交わされる以前も日本とタイには深い関係があった。

もっとみる