光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント…

光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 辛酸なめ子の「大人の処世術」

    「巧みな世渡り」の3歩手前。辛酸流「なんとかやっていく技術」。だいたい月1回のペースで、ゆっくり世界に溶け込んでいく予定です。

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 馬場紀衣の「読書の森」

    書物の森は、つねに深いものです。林立する木々のあいだで目移りするうちに、途方に暮れてしまうことも珍しくないでしょう。新刊の若木から、自力では辿り着けない名木まで。日頃この森を渉猟しているライター・馬場紀衣さんの先導に添いながら、「読書の森」の深遠に分け入ってみませんか。

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

  • 高橋昌一郎の「視野を広げる新書」

    知的刺激に満ちた必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介。あらゆる分野の専門家がコンパクトに仕上げた新書で、多種多彩な世界に「視野」を広げます。

ウィジェット

  • 商品画像

    在宅緩和ケア医が出会った 「最期は自宅で」30の逝き方 (光文社新書)

    髙橋 浩一
  • 商品画像

    日本のヴァイオリニスト 弦楽器奏者の現在・過去・未来 (光文社新書 1292)

    本間 ひろむ
  • 商品画像

    日本のクラシック音楽は歪んでいる 12の批判的考察 (光文社新書 1290)

    森本 恭正
  • 商品画像

    「生命の40億年」に何が起きたのか 生物・ゲノム・ヒトの謎を解く旅 (光文社新書 1291)

    林 純一

リンク

記事一覧

光文社新書 2020年の年間売り上げベスト10

みなさんこんにちは。 年の瀬も迫ってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。大みそかに…

35

【年末のご挨拶】一人のファンとして野球を見て感じていること

熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローされるゴジキさん(@godziki_55…

111

【9位】ザ・キンクスの1曲―夕焼け小焼けの人の世に、泣いちゃいそうなアンセムを

「ウォータールー・サンセット」ザ・キンクス(1967年5月/Pye/英) ※こちらは西ドイツ盤…

20

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.37

許光俊『世界最高のピアニスト』 単に達者なピアノを弾けばいいのではない。立派な演奏をすれ…

22

定食屋飲みとはハムエッグ飲みである|パリッコの「つつまし酒」#91

「はあ、今週も疲れたなあ…」。そんなとき、ちょっとだけ気分が上がる美味しいお酒とつまみに…

47

【激アツ!】 『2016年の週刊文春』、各界からの感想をまとめてみました。(1月19日追…

発売から一週間足らずで大増刷となった、 柳澤健さん渾身のノンフィクション『2016年の週刊文…

15
光文社新書 2020年の年間売り上げベスト10

光文社新書 2020年の年間売り上げベスト10

みなさんこんにちは。
年の瀬も迫ってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。大みそかに放送される「孤独のグルメ」スペシャルが楽しみですね。
さて、光文社新書編集部では年末の恒例行事(といっても2回目ですが)を今年もやっちゃいます。そう……「年間売り上げベスト10」の発表です!

コロナ禍に見舞われた2020年でしたが、光文社新書編集部からは例年にも増して色々な本(新書だけではなく単行本や翻訳書、

もっとみる
【年末のご挨拶】一人のファンとして野球を見て感じていること

【年末のご挨拶】一人のファンとして野球を見て感じていること

熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローされるゴジキさん(@godziki_55)。
今回はゴジキさんから読者の皆様へ、光文社新書note1周年記念を兼ねて、年末の挨拶をさせていただきます。

「お股クラスタ」への感謝みなさまこんにちは、ゴジキ(@godziki_55)です。
昨年から、光文社のメディア『本がすき。』をはじめ、さまざまなメディアで発信の機会をいただいています。

もっとみる
【9位】ザ・キンクスの1曲―夕焼け小焼けの人の世に、泣いちゃいそうなアンセムを

【9位】ザ・キンクスの1曲―夕焼け小焼けの人の世に、泣いちゃいそうなアンセムを

「ウォータールー・サンセット」ザ・キンクス(1967年5月/Pye/英)

※こちらは西ドイツ盤シングルのジャケットです

Genre: Psychedelic Pop, Rock
Waterloo Sunset - The Kinks (May, 67) Pye, UK
(Ray Davies) Produced by Ray Davies
(RS 42 / NME 23) 459 + 478

もっとみる
【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.37

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.37

許光俊『世界最高のピアニスト』

単に達者なピアノを弾けばいいのではない。立派な演奏をすればいいのでもない。ここに聴きに来ているのは、数十年間、ずっとケンプを聴いてきた人たちだった。ケンプの老いは彼らの老いでもあった。そこには演奏家と聴衆の深い結びつきがあった。

宮元健次『月と日本建築』

未完成の美である「あわれ」「侘び」そして「幽玄」を表現する上でなぜ月が重視されるのか。月は、毎日満ち欠けを

もっとみる
定食屋飲みとはハムエッグ飲みである|パリッコの「つつまし酒」#91

定食屋飲みとはハムエッグ飲みである|パリッコの「つつまし酒」#91

「はあ、今週も疲れたなあ…」。そんなとき、ちょっとだけ気分が上がる美味しいお酒とつまみについてのnote、読んでみませんか。
混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡いだエッセイ、それが「つつまし酒」。 
そろそろ飲みたくなる、毎週金曜日だいたい17時ごろ、更新です。

イルミネーションがむしろ寂し

もっとみる
【激アツ!】 『2016年の週刊文春』、各界からの感想をまとめてみました。(1月19日追加)

【激アツ!】 『2016年の週刊文春』、各界からの感想をまとめてみました。(1月19日追加)

発売から一週間足らずで大増刷となった、
柳澤健さん渾身のノンフィクション『2016年の週刊文春』。
おかげさまで皆さまから熱いご感想をいただいております。
皆さまの読書のご参考にしていただければと思い、
SNS上のご感想をまとめてみました。

川邊健太郎さん(ヤフー社長)※1月19日追加ヤフー社長の川邊健太郎さん。柳澤健さんのファンとのことで、書評をお書きいただきました! 
ご自身のヤフーニュース

もっとみる