光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 全文公開【まとめ】

    一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

  • 光文社新書PLUS

    小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

  • コトバのチカラ

    ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

ウィジェット

  • 商品画像

    不安型愛着スタイル~他人の顔色に支配される人々~ (光文社新書)

    岡田 尊司
  • 商品画像

    広告の仕事~広告と社会、希望について~ (光文社新書)

    杉山 恒太郎
  • 商品画像

    「美食地質学」入門~和食と日本列島の素敵な関係~ (光文社新書)

    巽 好幸
  • 商品画像

    時を超える美術~「グローカル・アート」の旅~ (光文社新書)

    新見 隆

リンク

記事一覧

教養としてのロック名曲ベスト100【第3回】98位のナンバーは? by 川崎大助

「リハブ」エイミー・ワインハウス(2006年10月/Island/英) Genre: Soul, R&BRehab - Amy …

小さな頃から洋楽漬けだった映画研究者の私が『ボヘミアン・ラプソディ』の謎を追いか…

「クイーンの名曲『ボヘミアン・ラプソディ』の謎を解く」講座の始まり 2019年7月13日土曜日…

教養としてのロック名曲ベスト100【第2回】99位のナンバーは? by 川崎大助

「ウォーク・ディス・ウェイ」ランDMC(1986年7月/Profile•Geffen/米) Genre: Hip Hop, R…

あなたは「未来」が見えることがありますか?――3カ月で7万部に到達した新書から。

2019年10月に刊行した『運気を磨く 心を浄化する三つの技法』は、2020年1月時点で…

【予告】新連載「『ボヘミアン・ラプソディ』の謎を解く」はじまります(書き手:菅原…

新連載、始めます。こんにちは。編集部の高橋です。 今週から、知的興奮にあふれたすてきな新…

理系が苦手な文系人間でも理解できた光文社新書 7選

こんにちは、光文社新書の藤です。今日は光文社新書の中から、文系に優しい理系新書を紹介した…

教養としてのロック名曲ベスト100【第3回】98位のナンバーは? by 川崎大助

教養としてのロック名曲ベスト100【第3回】98位のナンバーは? by 川崎大助

「リハブ」エイミー・ワインハウス(2006年10月/Island/英)

Genre: Soul, R&BRehab - Amy Winehouse (Oct. 06) Island, UK
(Amy Winehouse) Produced by Mark Ronson
(RS 194 / NME 350) 307 + 151 = 458 

リハブとは「リハビリテーション(Rehabilitat

もっとみる
小さな頃から洋楽漬けだった映画研究者の私が『ボヘミアン・ラプソディ』の謎を追いかけ始めるまで

小さな頃から洋楽漬けだった映画研究者の私が『ボヘミアン・ラプソディ』の謎を追いかけ始めるまで

「クイーンの名曲『ボヘミアン・ラプソディ』の謎を解く」講座の始まり 2019年7月13日土曜日。名古屋市にある南山大学G棟大講義室の席が少しずつ埋まっていく。「クイーンの名曲『ボヘミアン・ラプソディ』の謎を解く」講座の始まりだ。よかった……。心底ほっとした。

この講座は愛知サマーセミナー2019という催しの一環で行われた。サマーセミナー、通称「サマセミ」とは市民と学校が結びついた市民参加型セミナ

もっとみる
教養としてのロック名曲ベスト100【第2回】99位のナンバーは? by 川崎大助

教養としてのロック名曲ベスト100【第2回】99位のナンバーは? by 川崎大助

「ウォーク・ディス・ウェイ」ランDMC(1986年7月/Profile•Geffen/米)

Genre: Hip Hop, Rap Rock
Walk This Way - Run-DMC (July. 86) Profile•Geffen, US
(Steven Tyler / Joe Perry) Produced by Rick Rubin, Russell Simmons
(RS 293

もっとみる
あなたは「未来」が見えることがありますか?――3カ月で7万部に到達した新書から。

あなたは「未来」が見えることがありますか?――3カ月で7万部に到達した新書から。

2019年10月に刊行した『運気を磨く 心を浄化する三つの技法』は、2020年1月時点で紙と電子版を合わせて7万部まで到達しました。読者の方からもたいへん熱いメッセージが多数、著者の田坂広志先生のもとに届いています。田坂先生は、今までの人生において「運気」と呼ばざるを得ない出来事を数多く経験してきました。それゆえ「運気」の存在を否定できないと考えています。自身の科学研究者としての立場から、この「運

もっとみる
【予告】新連載「『ボヘミアン・ラプソディ』の謎を解く」はじまります(書き手:菅原裕子さん)

【予告】新連載「『ボヘミアン・ラプソディ』の謎を解く」はじまります(書き手:菅原裕子さん)

新連載、始めます。こんにちは。編集部の高橋です。
今週から、知的興奮にあふれたすてきな新連載を始めます。

記事名の通り、連載タイトルは「『ボヘミアン・ラプソディ』の謎を解く」。
映画の大ヒットも記憶に新しい、クイーンの名曲『ボヘミアン・ラプソディ』を、「ある仮説」のもとに考察していくスリリングな内容です。

書いてくださるのは、名古屋大学で講師を務める菅原裕子先生。
菅原さんは映画研究を専門

もっとみる
理系が苦手な文系人間でも理解できた光文社新書 7選

理系が苦手な文系人間でも理解できた光文社新書 7選

こんにちは、光文社新書の藤です。今日は光文社新書の中から、文系に優しい理系新書を紹介したい思います。
(※セレクト基準は私の独断と偏見です。私がどれくらい理系が苦手か…は、冒頭の小話に書いてみました。書籍情報は目次2段目以降へGO!)

人生で1度だけ物理で平均点を取った人間が新書編集部に異動した話。理系科目、私は高校入学早々に挫折した人なのですが、皆さんはどうでしょうか?? 私は、ログとかサイン

もっとみる