光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント…

光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 馬場紀衣の「読書の森」

    書物の森は、つねに深いものです。林立する木々のあいだで目移りするうちに、途方に暮れてしまうことも珍しくないでしょう。新刊の若木から、自力では辿り着けない名木まで。日頃この森を渉猟しているライター・馬場紀衣さんの先導に添いながら、「読書の森」の深遠に分け入ってみませんか。

  • 私の光文社新書

    どんなに些細なことでも、どんなに短い言葉であっても構いません。お手にとったとき役立ったり、感動したり、人生が変わるきっかけになったりした光文社新書の1冊について、ぜひみなさんだけの言葉でつづられた文章をこのnote上にお寄せください。編集部員が拝見し、ピックアップさせていただいた記事をマガジンとしてシェアします。#私の光文社新書をつけるのをお忘れなく!

  • 高橋昌一郎の「視野を広げる新書」

    知的刺激に満ちた必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介。あらゆる分野の専門家がコンパクトに仕上げた新書で、多種多彩な世界に「視野」を広げます。

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

ウィジェット

  • 商品画像

    在宅緩和ケア医が出会った 「最期は自宅で」30の逝き方 (光文社新書)

    髙橋 浩一
  • 商品画像

    日本のヴァイオリニスト 弦楽器奏者の現在・過去・未来 (光文社新書 1292)

    本間 ひろむ
  • 商品画像

    日本のクラシック音楽は歪んでいる 12の批判的考察 (光文社新書 1290)

    森本 恭正
  • 商品画像

    「生命の40億年」に何が起きたのか 生物・ゲノム・ヒトの謎を解く旅 (光文社新書 1291)

    林 純一

リンク

記事一覧

【第7回】なぜエジプトは人々を魅了するのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

32

巨人目線から見たソフトバンクの強さ

熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローされるゴジキさん(@godziki_55…

53

日本シリーズ2年連続4連敗の一因は「セリーグへの環境最適化」。巨人がパリーグを攻略…

熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローされるゴジキさん(@godziki_55…

48

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.33

仲正昌樹『日本とドイツ 二つの全体主義』 日本にパッチワーク的に輸入された"教養"において…

17

【13位】ザ・フーの1曲― 荒ぶる極大のR&Bが、怒れる若者の依り代に

「マイ・ジェネレーション」ザ・フー(1965年10月/Brunswick/英) ※こちらはイタリア盤シ…

21

夢の商店街弁当|パリッコの「つつまし酒」#87

人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだっ…

39
【第7回】なぜエジプトは人々を魅了するのか?

【第7回】なぜエジプトは人々を魅了するのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか?
■デマやフェイクニュースに騙されていませんか?
■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか?
★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します!

今も謎のクレオパトラの墓2020年11月1

もっとみる
巨人目線から見たソフトバンクの強さ

巨人目線から見たソフトバンクの強さ

熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローされるゴジキさん(@godziki_55)が巨人軍を分析。
圧倒的な戦力でプロ野球界に君臨する福岡ソフトバンクホークス。その強さは一体どこからきているのでしょうか?育成や補強の観点も交えながら考察します。

「勝って当たり前」の難しさを難なく熟す強さソフトバンクの強さは、もはや「勝って当たり前」のレベルに達している。日本シリーズ4連覇を果た

もっとみる
日本シリーズ2年連続4連敗の一因は「セリーグへの環境最適化」。巨人がパリーグを攻略するための糸口は?

日本シリーズ2年連続4連敗の一因は「セリーグへの環境最適化」。巨人がパリーグを攻略するための糸口は?

熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローされるゴジキさん(@godziki_55)が巨人軍を分析。
日本シリーズでの巨人とソフトバンクとのあまりの差に「セ・パ格差」が再び叫ばれています。巨人が2年連続4連敗を喫した要因を、より広い見地から探っていきます。

対セリーグに最適化されすぎた丸や岡本巨人軍のシーズンと日本シリーズの戦い方を振り返り、指摘したいことが一つある。「セリーグ相

もっとみる
【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.33

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.33

仲正昌樹『日本とドイツ 二つの全体主義』

日本にパッチワーク的に輸入された"教養"においては、共通の基礎となる「型」の部分が具体的にどのように構成されるべきかはっきりしなかったため、とにかく"偉大な西洋の思想家"の書いたものを雑然と読んで参考にしてみる、ということになりがちであった。

松原隆彦『図解 宇宙のかたち』

現代の宇宙観を何百年後の人類が見たらどう思うだろう。天動説を信じていた時

もっとみる
【13位】ザ・フーの1曲― 荒ぶる極大のR&Bが、怒れる若者の依り代に

【13位】ザ・フーの1曲― 荒ぶる極大のR&Bが、怒れる若者の依り代に

「マイ・ジェネレーション」ザ・フー(1965年10月/Brunswick/英)

※こちらはイタリア盤シングルのジャケットです

Genre: Rock, Hard Rock, Proto-Punk
My Generation - The Who (Oct. 65) Brunswick, UK
(Pete Townshend) Produced by Shel Talmy
(RS 11 / NME

もっとみる
夢の商店街弁当|パリッコの「つつまし酒」#87

夢の商店街弁当|パリッコの「つつまし酒」#87

人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。
けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。
いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。
混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡いだエッセイ、noteで再始動! 
そろそろ飲みたくなる、毎週金曜日だいたい17時ごろ、更

もっとみる