光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊… もっとみる

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 馬場紀衣の「読書の森」

    書物の森は、つねに深いものです。林立する木々のあいだで目移りするうちに、途方に暮れてしまうことも珍しくないでしょう。新刊の若木から、自力では辿り着けない名木まで。日頃この森を渉猟しているライター・馬場紀衣さんの先導に添いながら、「読書の森」の深遠に分け入ってみませんか。

  • 失われた絶版本を求めて|三宅香帆

    気鋭の書評家にして、読書家である三宅香帆さんによる「絶版本」ブックガイド。時の狭間に埋もれてしまった絶版本の魅力と、その今日的な意義について紹介していきます。この連載がきっかけに、どうか復刊となりますように。毎月1日と15日に更新です。

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 全文公開【まとめ】

    一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

ウィジェット

  • 商品画像

    ChatGPTの全貌 何がすごくて、何が危険なのか? (光文社新書 1267)

    岡嶋裕史
  • 商品画像

    アートとフェミニズムは誰のもの? (光文社新書 1268)

    村上由鶴
  • 商品画像

    不自由な社会で自由に生きる (光文社新書 1269)

    ウスビ・サコ
  • 商品画像

    押川先生、「抗がん剤は危ない」って本当ですか? (光文社新書 1270)

    押川勝太郎

リンク

記事一覧

【第16回】20世紀最恐の天才は何を考えていたのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

33

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.6

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしてい…

21

女性首相と彼女を支える男たち~リアル男女平等社会を描く「コペンハーゲン」

光文社新書の永林です。前回の「ジェンダーで見るヒットドラマ」では、2020年に大ヒットし…

100
51

異形であって異形でない。「教養としてのロック名曲ベスト100」リストを振り返る。by…

光文社新書編集部の三宅です。 「教養としてのロック名曲ベスト100」ですが、先週の1位発表…

53

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.46

倉島節尚『辞書と日本語』 自分では使わないし、学生やうちの子供には使わないほうがいいと指…

13

【開幕前診断】2021年シーズンの巨人軍の課題と展望(野手編)

熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローされるゴジキさん(@godziki_55…

50
【第16回】20世紀最恐の天才は何を考えていたのか?

【第16回】20世紀最恐の天才は何を考えていたのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか?
■デマやフェイクニュースに騙されていませんか?
■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか?
★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します!

現代思想の「善・悪」の原点はフォン・ノイマ

もっとみる
#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.6

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.6

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていくこちらの連載。光文社古典新訳文庫のツイートを受けて、光文社新書がそれに「勝手に」ひもづけて、あるいはこじつけて既刊本をご紹介していきます! 担当の「勝手な」ふり返り付き。

『あしながおじさん』→『子どもに貧困を押しつける国・日本』担当の自己採点★★★ 真面目に返してますね。

『オリエント急行殺人事

もっとみる
女性首相と彼女を支える男たち~リアル男女平等社会を描く「コペンハーゲン」

女性首相と彼女を支える男たち~リアル男女平等社会を描く「コペンハーゲン」

光文社新書の永林です。前回の「ジェンダーで見るヒットドラマ」では、2020年に大ヒットした日本のドラマを通じて日本社会の決定的なジェンダー平等の遅れを指摘し、大きな反響をいただきました。

今回は、そんな日本社会とは対照的ともいえる、北欧はデンマークのドラマをご紹介します。制作はデンマークの国営放送で、本国では国民の4人に1人が視聴し、フランスとイギリスでもメガヒットを記録。ヨーロッパの各賞を受賞

もっとみる
異形であって異形でない。「教養としてのロック名曲ベスト100」リストを振り返る。by川崎大助

異形であって異形でない。「教養としてのロック名曲ベスト100」リストを振り返る。by川崎大助

光文社新書編集部の三宅です。

「教養としてのロック名曲ベスト100」ですが、先週の1位発表をもって終了しました。長きにわたりお付き合いいただいた読者の方々には、感謝の念しかありません。

では、今日は何かと申しますと、全体の振り返りです。「なぜあの曲が入っていない?」「なぜあんなに順位が低い(高い)のか?」等々いろいろご不満もおありでしょう。そんな読者の方々の疑問にお応えすべく、あとがき的にこの

もっとみる
【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.46

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.46

倉島節尚『辞書と日本語』

自分では使わないし、学生やうちの子供には使わないほうがいいと指導はするが、「ら抜き言葉は規範に外れていてけしからん」と声高に咎めることはしない。個人の心情としては気に入らないが、これも結局は言葉の変化の一つの表れだと見ているからである。

小西行郎『早期教育と脳』

早期教育の価値観は、他人よりも少しでも抜きん出ることをよしとするものです。人間の幸福を、身分獲得やステー

もっとみる
【開幕前診断】2021年シーズンの巨人軍の課題と展望(野手編)

【開幕前診断】2021年シーズンの巨人軍の課題と展望(野手編)

熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローされるゴジキさん(@godziki_55)が巨人軍を分析。
今回は、開幕前に今一度巨人軍の戦力をチェック。既存の主力はもちろんのこと、新戦力や若手に求められる役割を考察します。

12球団屈指の「ディフェンス力」は今季も維持できるのか?昨シーズン、12球団最小の失策数43を記録した巨人だが、今シーズンも守りからリズムを作れるかどうかはキーポ

もっとみる