光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 僕という心理実験 妹尾武治

    『未来は決まっており、自分の意志など存在しない。~心理学的決定論』が熱狂的な反響を巻き起こした妹尾武治さんによる心理学エッセイ。前著の内容をさらに深めた世界は、多くの読者の共感を呼び起こすことでしょう。

  • #勝手に社内リレーPLAYBACK

    光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていきます。「サザエさん」と同じ日曜18:30、隔週で読書の楽しさをお届けできたらと思います!

  • 光文社新書の人びと

    新書編集部に在籍する8名が書いたnoteをまとめたマガジンです。部員がどんな人であるか、どんな本をつくっているのか、記事からちょっとした横顔がのぞけます。たまに、光文社新書に関わる別部署の社員も登場します。

ストア

  • 商品の画像

    ナカムラクニオ『洋画家の美術史』サイン本+ポストカードセット

    ナカムラクニオさんの『洋画家の美術史』サイン本に、本書に登場する画家16人が一堂に会した特製ポストカード付きのセットです。 イラストは、すべてナカムラクニオさんが描いたものになります。このストアでしか手に入らない限定アイテムです!
    1,300円
    光文社新書
  • 商品の画像

    ナカムラクニオ『洋画家の美術史』サイン本+ポストカード5枚セット

    ナカムラクニオさんの『洋画家の美術史』サイン本に、佐伯祐三、藤田嗣治、岸田劉生、梅原龍三郎、東郷青児の特製ポストカード5枚付きのセットです。 イラストは、すべてナカムラクニオさんが描いたものになります。このストアでしか手に入らない限定アイテムです!
    2,000円
    光文社新書

ウィジェット

  • 商品画像

    宇宙を動かしているものは何か (光文社新書 1218)

    谷口 義明
  • 商品画像

    射精道 (光文社新書 1219)

    今井 伸
  • 商品画像

    日本の高山植物 どうやって生きているの? (光文社新書)

    工藤 岳
  • 商品画像

    痛みが消えていく身体の使い「型」 (光文社新書 1221)

    伊藤 和磨
  • 商品画像

    「友だち」から自由になる (光文社新書 1222)

    石田 光規

リンク

記事一覧

「そのままでいい ありのままでいい。だから変わろう。」―僕という心理実験33【最終…

過去の連載はこちら。 「続きは本で!」 2021年の12月の時点で、本一冊分の原稿が仕上がって…

光文社新書
14時間前

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.84

『アルハンブラ物語』→『「食べること」の進化史』 『毛皮を着たヴィーナス』→『世界最高の…

タイの屋台料理は自己責任で食すべし(第20回)

これまでの連載はこちらから読めます↓↓↓ タイのグルメサイトで「清潔」が重んじられる理由…

ぼくが『射精道』を書いた理由|今井伸――新刊より「あとがき」特別公開

あとがき 人生の2分の1は性的なことを考えて生きてきました。 僕はこれまで、人間の3大欲…

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.128

バックナンバーはこちら 石黒圭『「読む」技術』言葉による理解というものを考えてみると、コ…

思想家、革命家、作家、冒険家たちの素顔に触れる――【第8回】自伝文学の読書論:ト…

【第8回】自伝文学の読書論 自伝を読む楽しみ――歴史に残る傑作を紹介 誰でも本が一冊書け…

「そのままでいい ありのままでいい。だから変わろう。」―僕という心理実験33【最終回】妹尾武治

「そのままでいい ありのままでいい。だから変わろう。」―僕という心理実験33【最終回】妹尾武治

過去の連載はこちら。

「続きは本で!」

2021年の12月の時点で、本一冊分の原稿が仕上がっていた。編集の三宅さんはそれをWEB連載にしようと言った。

三宅編集長「100日後に死ぬワニ方式ですよ!」

妹尾「ナイスですね〜!」

西村とおるのようには言えなかった。だって死ぬから、事故死だから。

*    *    *

だが半年やってきて思った、三宅さん流石だなと。そりゃあ今年光文社の局長

もっとみる
#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.84

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.84

『アルハンブラ物語』→『「食べること」の進化史』

『毛皮を着たヴィーナス』→『世界最高のピアニスト』

『シラノ・ド・ベルジュラック』→『ヒルビリー・エレジー』

『グランド・ブルテーシュ奇譚』→『感染症としての文学と哲学』

『ロウソクの科学』→『古典落語CDの名盤』

前回はこちら

タイの屋台料理は自己責任で食すべし(第20回)

タイの屋台料理は自己責任で食すべし(第20回)

これまでの連載はこちらから読めます↓↓↓

タイのグルメサイトで「清潔」が重んじられる理由

日本では年金こそ今の若い世代が受給年齢に達したときに支払った分よりも受け取れる分が少なくなるが、そのほかの社会保障はわりとしっかりしている。年金もかつては払った分より多くもらえたため、それを基準にすると今は払うのがバカらしくなってくるのは心情としては理解できる。一方タイでは年金制度がまだ始まったばかりで、

もっとみる
ぼくが『射精道』を書いた理由|今井伸――新刊より「あとがき」特別公開

ぼくが『射精道』を書いた理由|今井伸――新刊より「あとがき」特別公開

あとがき

人生の2分の1は性的なことを考えて生きてきました。

僕はこれまで、人間の3大欲求である食欲、性欲、睡眠欲には、忠実な僕(しもべ)として、可能な限りこの欲求を素直に受け止めて行動してきました。それが、僕のポリシーでもあります。

物心ついてから思春期までは、食べることが大好きで、起きているときの大半は「あれも食べたい、これも食べたい」と食べることばかり考えていました。ロビンソン・クルー

もっとみる
【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.128

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.128

バックナンバーはこちら

石黒圭『「読む」技術』言葉による理解というものを考えてみると、コミュニケーションのなかでやりとりされる言葉はヒントにすぎず、答えはつねに理解者の頭のなかにあるということがわかります。言葉を手がかりにして、推論によって頭のなかに意味を見いだす活動こそが、理解活動の中心です。

林貞年『誰でもすぐできる 催眠術の教科書』立証可能な事柄を積み重ねられると、人は心の中に真実として

もっとみる
思想家、革命家、作家、冒険家たちの素顔に触れる――【第8回】自伝文学の読書論:トロツキー、福澤諭吉、内村鑑三、ミル、トウェイン…etc.|駒井稔

思想家、革命家、作家、冒険家たちの素顔に触れる――【第8回】自伝文学の読書論:トロツキー、福澤諭吉、内村鑑三、ミル、トウェイン…etc.|駒井稔

【第8回】自伝文学の読書論

自伝を読む楽しみ――歴史に残る傑作を紹介
誰でも本が一冊書けるとは、よくいわれます。それは自分史、つまり自伝です。今回はその中でも歴史に残る傑作をご紹介しましょう。

私自身がなによりも、自伝を読むのが一番の楽しみなのです。革命家や思想家、そしてもちろん文学者などの自伝を読むと、とっつきにくいなと感じていた著作も、急に親しみを覚えたりするのが不思議です。些細なエピソー

もっとみる