光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント…

光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 馬場紀衣の「読書の森」

    書物の森は、つねに深いものです。林立する木々のあいだで目移りするうちに、途方に暮れてしまうことも珍しくないでしょう。新刊の若木から、自力では辿り着けない名木まで。日頃この森を渉猟しているライター・馬場紀衣さんの先導に添いながら、「読書の森」の深遠に分け入ってみませんか。

  • 私の光文社新書

    どんなに些細なことでも、どんなに短い言葉であっても構いません。お手にとったとき役立ったり、感動したり、人生が変わるきっかけになったりした光文社新書の1冊について、ぜひみなさんだけの言葉でつづられた文章をこのnote上にお寄せください。編集部員が拝見し、ピックアップさせていただいた記事をマガジンとしてシェアします。#私の光文社新書をつけるのをお忘れなく!

  • 高橋昌一郎の「視野を広げる新書」

    知的刺激に満ちた必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介。あらゆる分野の専門家がコンパクトに仕上げた新書で、多種多彩な世界に「視野」を広げます。

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

ウィジェット

  • 商品画像

    在宅緩和ケア医が出会った 「最期は自宅で」30の逝き方 (光文社新書)

    髙橋 浩一
  • 商品画像

    日本のヴァイオリニスト 弦楽器奏者の現在・過去・未来 (光文社新書 1292)

    本間 ひろむ
  • 商品画像

    日本のクラシック音楽は歪んでいる 12の批判的考察 (光文社新書 1290)

    森本 恭正
  • 商品画像

    「生命の40億年」に何が起きたのか 生物・ゲノム・ヒトの謎を解く旅 (光文社新書 1291)

    林 純一

リンク

記事一覧

第6回 藤本由香里が切り拓いた少女漫画評論の可能性|三宅香帆

少女漫画評論は、少ない?ひとつの個人的な思い出話から始めたい。 もう一度断るが、ものすご…

28

【第73回】江戸時代の「お白洲」とは何だったのか?

「身分」を可視化する不思議な空間江戸時代中期、江戸城の南側のお濠には数多くの鴨が浮かび、…

36

noteのフォロワーさんが9900人になりました!㊗️ ありがとうございます🙌
日ごろ光文社新書を応援してくださり心よりお礼を申し上げます!

注目の連載から新刊情報まで盛りだくさんで更新していきます。今後とも紙の本ともどもご愛読よろしくお願いいたします!

16

家オクトーバーフェスト2022|パリッコの「つつまし酒」#180

10月と言えば 朝起きて窓を開けると、どこからともなくふわりと甘い金木犀の香り。おや? と…

48

Q3「パンクスは、なぜトゲトゲ(スパイク)の付いた革ジャンを着るのか?」——『教…

過去の連載はこちら。 第1章:なぜなにパンク・ロック早わかり、10個のFAQ〈4〉Q3「パ…

26

そう出来の悪い小説ではなかったが……――エンタメ小説家の失敗学32 by平山瑞穂

過去の連載はこちら。 平山さんの最新刊です。 第6章 オチのない物語にしてはならない Ⅱ…

24
第6回 藤本由香里が切り拓いた少女漫画評論の可能性|三宅香帆

第6回 藤本由香里が切り拓いた少女漫画評論の可能性|三宅香帆

少女漫画評論は、少ない?ひとつの個人的な思い出話から始めたい。

もう一度断るが、ものすごく個人的な話なので、興味のない方は読み飛ばしてほしい。

で、個人的な話なのだが(三回目)、以前SNSに「少年漫画評論と比較し、少女漫画評論は全然ない」と書いたら、やたら怒られたことがある。

バカを言うな、少女漫画評論はたくさんあるだろう、少年漫画評論と比較して統計をとったことがあるのか、少女漫画評論を読ん

もっとみる
【第73回】江戸時代の「お白洲」とは何だったのか?

【第73回】江戸時代の「お白洲」とは何だったのか?

「身分」を可視化する不思議な空間江戸時代中期、江戸城の南側のお濠には数多くの鴨が浮かび、「鴨ヶ淵」と呼ばれていた。ある商店の丁稚の少年が悪戯心を起こしてお濠に小石を投げてみたところ、一羽に命中し、その鴨は死んでしまった。この様子を見ていた役人が慌てて少年を取り押さえ、商店の主人と共に南町奉行所に突き出した。

江戸城周辺の鴨は徳川将軍家の所有物とみなされ、それに危害を加える者は「将軍家に弓を引く

もっとみる

noteのフォロワーさんが9900人になりました!㊗️ ありがとうございます🙌
日ごろ光文社新書を応援してくださり心よりお礼を申し上げます!

注目の連載から新刊情報まで盛りだくさんで更新していきます。今後とも紙の本ともどもご愛読よろしくお願いいたします!

家オクトーバーフェスト2022|パリッコの「つつまし酒」#180

家オクトーバーフェスト2022|パリッコの「つつまし酒」#180

10月と言えば 朝起きて窓を開けると、どこからともなくふわりと甘い金木犀の香り。おや? とカレンダーに目をやると、早いもので、明日からもう10月ですか。いや〜、早いものですねぇ……いやいや! 早いものすぎない!? え、もう10月なの!? 今年、今まで、なにして過ごしてたっけ?
 あ〜、嫌んなっちゃうなぁ、歳をとると、月日の経つのがどんどん早くなって……って、やばいやばい。このままだと、書こうと思え

もっとみる
Q3「パンクスは、なぜトゲトゲ(スパイク)の付いた革ジャンを着るのか?」——『教養としてのパンク・ロック』第7回 by 川崎大助

Q3「パンクスは、なぜトゲトゲ(スパイク)の付いた革ジャンを着るのか?」——『教養としてのパンク・ロック』第7回 by 川崎大助

過去の連載はこちら。

第1章:なぜなにパンク・ロック早わかり、10個のFAQ〈4〉Q3「パンクスは、なぜトゲトゲ(スパイク)の付いた革ジャンを着るのか?」

 今日の我々が知る、尖ったスパイク(Spike)、もしくはスタッズ(Studs)が打たれたレザー・ジャケットのスタイルも、ハードコア・パンクから発展していった。代表的なもののひとつを、同シーンの先駆けとなったバンド、ディスチャージのデビュー

もっとみる
そう出来の悪い小説ではなかったが……――エンタメ小説家の失敗学32 by平山瑞穂

そう出来の悪い小説ではなかったが……――エンタメ小説家の失敗学32 by平山瑞穂

過去の連載はこちら。

平山さんの最新刊です。

第6章 オチのない物語にしてはならない Ⅱ『桃の向こう』

 結果として『野性時代』に掲載された短篇小説『桃の向こう』は、こういう内容である。

 ――大学生・来栖(くるす)幸宏は、同じ講義を受講していた女子学生・仁科煌子(あきこ)に惹かれ、親しくなっていくが、デートを重ね、キスを交わす間柄にまでなっていながら、彼氏・彼女として相手を束縛しながらつ

もっとみる