光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント…

光文社新書

光文社新書の公式noteです。創刊は2001年10月17日。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 辛酸なめ子の「大人の処世術」

    「巧みな世渡り」の3歩手前。辛酸流「なんとかやっていく技術」。だいたい月1回のペースで、ゆっくり世界に溶け込んでいく予定です。

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 馬場紀衣の「読書の森」

    書物の森は、つねに深いものです。林立する木々のあいだで目移りするうちに、途方に暮れてしまうことも珍しくないでしょう。新刊の若木から、自力では辿り着けない名木まで。日頃この森を渉猟しているライター・馬場紀衣さんの先導に添いながら、「読書の森」の深遠に分け入ってみませんか。

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

  • 高橋昌一郎の「視野を広げる新書」

    知的刺激に満ちた必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介。あらゆる分野の専門家がコンパクトに仕上げた新書で、多種多彩な世界に「視野」を広げます。

ウィジェット

  • 商品画像

    在宅緩和ケア医が出会った 「最期は自宅で」30の逝き方 (光文社新書)

    髙橋 浩一
  • 商品画像

    日本のヴァイオリニスト 弦楽器奏者の現在・過去・未来 (光文社新書 1292)

    本間 ひろむ
  • 商品画像

    日本のクラシック音楽は歪んでいる 12の批判的考察 (光文社新書 1290)

    森本 恭正
  • 商品画像

    「生命の40億年」に何が起きたのか 生物・ゲノム・ヒトの謎を解く旅 (光文社新書 1291)

    林 純一

リンク

記事一覧

【第25回】そもそも「プライバシー」とは何か?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

40

リアルでの格差やしがらみはリセットされる―『メタバースは革命かバズワードか~もう…

2章⑨ 仮想現実の歴史光文社新書編集部の三宅です。 岡嶋裕史さんのメタバース連載の13回目…

25

ルッキズムを16年前に批判した韓国ドラマ 「私の名前はキム・サムスン」

光文社新書の永林です。ボディ・ポジティブ(ありのままの体型を受け入れる)という言葉が広ま…

51

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.19

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしてい…

16

eスポーツからリアルスポーツへの進出―『メタバースは革命かバズワードか~もう一つ…

2章⑧ 仮想現実の歴史光文社新書編集部の三宅です。更新の間が空き、申し訳ありませんでした…

19

在宅医療は終末期の医療ではない―『在宅医療の真実』小豆畑丈夫著

こんにちは。光文社新書編集部の三宅です。 この記事では、刊行されたばかりの『在宅医療の真…

28
【第25回】そもそも「プライバシー」とは何か?

【第25回】そもそも「プライバシー」とは何か?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか?
■デマやフェイクニュースに騙されていませんか?
■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか?
★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します!

進化する「プライバシー」の概念
何が人間と

もっとみる
リアルでの格差やしがらみはリセットされる―『メタバースは革命かバズワードか~もう一つの現実』by岡嶋裕史

リアルでの格差やしがらみはリセットされる―『メタバースは革命かバズワードか~もう一つの現実』by岡嶋裕史

2章⑨ 仮想現実の歴史光文社新書編集部の三宅です。

岡嶋裕史さんのメタバース連載の13回目。「1章 フォートナイトの衝撃」に続き、「2章 仮想現実の歴史」を数回に分けて掲載してきましたが、今回が2章の最終回です。仮想現実(≒メタバース)の歴史をたどることで、メタバースへの理解を深めていきましょう。

メタバース≒「もう一つの現実」では、リアルでの格差や不平等は解消されるのでしょうか?

下記マガ

もっとみる
ルッキズムを16年前に批判した韓国ドラマ 「私の名前はキム・サムスン」

ルッキズムを16年前に批判した韓国ドラマ 「私の名前はキム・サムスン」

光文社新書の永林です。ボディ・ポジティブ(ありのままの体型を受け入れる)という言葉が広まりつつありますが、日本はいまもルッキズム(容姿至上主義)の強い社会です。特に、女性に極度に「やせていること」を求めることから、20代女性の5人に1人が、BMI(体格指数)でやせすぎ(18・5未満)に分類されます。これは、栄養失調の人が多かった戦後すぐの数字を上回るそうです。こうした女性への「若く、細く、美しく」

もっとみる
#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.19

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.19

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていくこちらの連載。光文社古典新訳文庫のツイートを受け、光文社新書が「勝手に」ひもづけて、あるいはこじつけて既刊本をご紹介していきます! 担当・田頭の「勝手な」ふり返り付き。

『にんじん』『青い麦』『ドリアン・グレイの肖像』→『キャベツにだって花が咲く』担当の自己採点★★★ 手前味噌ながら、『キャベツにだ

もっとみる
eスポーツからリアルスポーツへの進出―『メタバースは革命かバズワードか~もう一つの現実』by岡嶋裕史

eスポーツからリアルスポーツへの進出―『メタバースは革命かバズワードか~もう一つの現実』by岡嶋裕史

2章⑧ 仮想現実の歴史光文社新書編集部の三宅です。更新の間が空き、申し訳ありませんでした。

岡嶋裕史さんのメタバース連載の12回目。「1章 フォートナイトの衝撃」に続き、「2章 仮想現実の歴史」を数回に分けて掲載中です。仮想現実(≒メタバース)の歴史をたどることで、メタバースへの理解を深めていきましょう。

前回はNFTの話でしたが、今回はeスポーツについてです。

下記マガジンで、連載をプロロ

もっとみる
在宅医療は終末期の医療ではない―『在宅医療の真実』小豆畑丈夫著

在宅医療は終末期の医療ではない―『在宅医療の真実』小豆畑丈夫著

こんにちは。光文社新書編集部の三宅です。

この記事では、刊行されたばかりの『在宅医療の真実』から、目次と冒頭部分を紹介します。「在宅医療」という言葉が持つイメージを覆す一冊であり、医療を受ける側にとっては、将来にわたって非常に役立つ情報が満載です。

目  次はじめに  

第1章 在宅医療は「より良く生きるため」の手段 
急拡大する在宅医療 
自宅にいて症状を悪化させる患者さん 
在宅医療=終

もっとみる