光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 全文公開【まとめ】

    一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

  • 光文社新書PLUS

    小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

  • コトバのチカラ

    ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

ウィジェット

  • 商品画像

    不安型愛着スタイル~他人の顔色に支配される人々~ (光文社新書)

    岡田 尊司
  • 商品画像

    広告の仕事~広告と社会、希望について~ (光文社新書)

    杉山 恒太郎
  • 商品画像

    「美食地質学」入門~和食と日本列島の素敵な関係~ (光文社新書)

    巽 好幸
  • 商品画像

    時を超える美術~「グローカル・アート」の旅~ (光文社新書)

    新見 隆

リンク

記事一覧

【第40回】「中立」は「正義」ではない!

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.41

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしてい…

「知ってるつもり」を脱するために「きっちりわからなくなる」には?

講演会に行くと、最後に質疑応答の時間が設けられていることがあります。「質問のある方は挙手…

【電子書籍】光文社新書20周年フェア VOL.3 科学/医療など【50%OFF】対象リスト大…

皆さま、こんにちは。光文社電子書籍担当の佐藤です。 10月も最終日となりました。 創刊20周年…

「絵画の起源」をめぐるロマンチックな逸話。そこには「死」が深く関わっていた

博覧強記の美術史家、神戸大学教授の宮下規久朗さんによる美術をめぐる最新エッセイ集『名画の…

【52%OFF/399円】山口真一/正義を振りかざす「極端な人」の正体 【Kindle日替わり…

おはようございます。光文社電子書籍担当の佐藤です。 本日、10月30日(土)のKindle日替わりセ…

【第40回】「中立」は「正義」ではない!

【第40回】「中立」は「正義」ではない!

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか?
■デマやフェイクニュースに騙されていませんか?
■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか?
★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します!

ヘイトスピーチ解消法の意義在日韓国人の高校生が、実

もっとみる
#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.41

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.41

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていくこちらの連載。光文社古典新訳文庫のツイートを受け、光文社新書が「勝手に」ひもづけて、あるいはこじつけて既刊本をご紹介していきます! 担当・田頭の「勝手な」ふり返り付き。

『ピグマリオン』→『労働者階級の反乱』担当の自己採点★★★ 『ピグマリオン』を読んでいると、映画『マイ・フェア・レディ』を観たくな

もっとみる
「知ってるつもり」を脱するために「きっちりわからなくなる」には?

「知ってるつもり」を脱するために「きっちりわからなくなる」には?

講演会に行くと、最後に質疑応答の時間が設けられていることがあります。「質問のある方は挙手してください」と言われても、「まあ、講演内容でだいたいわかったしなあ」とか「良い質問が浮かばないな。発想力が貧しいなあ」などと思ったことはないでしょうか? 私はあります。

この原因の一つは、聴き手の理解力が高いわけでもなく、発想力が低いわけでもなく、その分野の知識が乏しいところにあります。つまりその分野に関す

もっとみる
【電子書籍】光文社新書20周年フェア VOL.3 科学/医療など【50%OFF】対象リスト大公開!

【電子書籍】光文社新書20周年フェア VOL.3 科学/医療など【50%OFF】対象リスト大公開!

皆さま、こんにちは。光文社電子書籍担当の佐藤です。
10月も最終日となりました。
創刊20周年を迎える光文社新書の電子書籍フェア、第3弾のお知らせです。
2021年3月までに電子書籍の配信を開始した950点あまり(※例外あり)がジャンルごとに期間をわけて、主要電子書店さまでどーんと50%OFF!!
光文社新書の電子書籍フェア、第3弾は科学、医療などを中心とした130点が50%OFFとなっております

もっとみる
「絵画の起源」をめぐるロマンチックな逸話。そこには「死」が深く関わっていた

「絵画の起源」をめぐるロマンチックな逸話。そこには「死」が深く関わっていた

博覧強記の美術史家、神戸大学教授の宮下規久朗さんによる美術をめぐる最新エッセイ集『名画の生まれるとき――美術の力Ⅱ』(光文社新書)が刊行されました。本書は、「名画の中の名画」「美術鑑賞と美術館」「描かれたモチーフ」「日本美術の再評価」「信仰と政治」「死と鎮魂」の6つのテーマで構成されています。長年、美術史という学問に携わってきた宮下氏が、具体的な作品や作家に密着して語った55話が収録されています。

もっとみる
【52%OFF/399円】山口真一/正義を振りかざす「極端な人」の正体 【Kindle日替わりセール】

【52%OFF/399円】山口真一/正義を振りかざす「極端な人」の正体 【Kindle日替わりセール】

おはようございます。光文社電子書籍担当の佐藤です。
本日、10月30日(土)のKindle日替わりセールのお知らせです。

山口真一/正義を振りかざす「極端な人」の正体
通常価格 836円(税込)→→約52%OFF 399円(税込)

SNSでの誹謗中傷、自粛警察、不謹慎狩り、悪質クレーマー――奴らは何者か? なぜ自らが正義と思い込み、他人を際限なく過剰に攻撃するのか? 「炎上はマスメディアが生

もっとみる