光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 僕という心理実験 妹尾武治

    『未来は決まっており、自分の意志など存在しない。~心理学的決定論』が熱狂的な反響を巻き起こした妹尾武治さんによる心理学エッセイ。前著の内容をさらに深めた世界は、多くの読者の共感を呼び起こすことでしょう。

  • 【まんが連載】押川先生!「抗がん剤は危ない」って本当ですか?

    『2人に1人はがんになる時代』。でもどこか、自分だけは大丈夫……と思ってしまうのが人の常。この連載は、ある若い夫婦が、現役腫瘍内科医である押川勝太郎先生(YouTubeの「がん防災チャンネル」でも活躍)のアドバイスのもと、妻の乳がんに立ち向かう物語です。まんが家のおちゃずけさんが、押川先生に取材を重ね、がん治療や抗がん剤についての誤解を解いていきます。

  • コトバのチカラ

    ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

ストア

  • 商品の画像

    ナカムラクニオ『洋画家の美術史』サイン本+ポストカードセット

    ナカムラクニオさんの『洋画家の美術史』サイン本に、本書に登場する画家16人が一堂に会した特製ポストカード付きのセットです。 イラストは、すべてナカムラクニオさんが描いたものになります。このストアでしか手に入らない限定アイテムです!
    1,300円
    光文社新書
  • 商品の画像

    ナカムラクニオ『洋画家の美術史』サイン本+ポストカード5枚セット

    ナカムラクニオさんの『洋画家の美術史』サイン本に、佐伯祐三、藤田嗣治、岸田劉生、梅原龍三郎、東郷青児の特製ポストカード5枚付きのセットです。 イラストは、すべてナカムラクニオさんが描いたものになります。このストアでしか手に入らない限定アイテムです!
    2,000円
    光文社新書

ウィジェット

  • 商品画像

    牟田口廉也とインパール作戦 日本陸軍「無責任の総和」を問う (光文社新書 1208)

    関口 高史
  • 商品画像

    検証 内閣法制局の近現代史 (光文社新書)

    倉山 満
  • 商品画像

    エベレストの空 (光文社新書)

    上田 優紀
  • 商品画像

    鎌倉幕府抗争史 (光文社新書 1211)

    細川 重男
  • 商品画像

    萩尾望都がいる (光文社新書 1212)

    長山 靖生

リンク

記事一覧

「『ボヘミアン・ラプソディ』の謎を解く」執筆にまつわるエトセトラを編集者とZOOMで…

映画研究者かつクイーンの音楽を愛する菅原裕子さんが、「過去1000年でイギリス人が選んだ最も…

100

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.7

山田玲司『非属の才能』 「こうすればオイシイ思いができる」という立場の人たちが「どうでも…

【64位】ボブ・ディランの1曲―時を旅しても、いつもかならずブルーにからめとられ

「タングルド・アップ・イン・ブルー」ボブ・ディラン(1975年1月/Columbia/米) Genre: F…

消滅するエンガワ丼の謎。|パリッコの「つつまし酒」#62

人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。けれども、そんな日々の中にだって…

世界最大のツイッター炎上事件―ネットリンチで人生を破壊された人たち

昨今、SNS上での個人攻撃――いわゆる「ネットリンチ」が過激化し、痛ましい事件も起きてし…

思い出の名高座① 喬太郎の『とはの謎』―広瀬和生著『21世紀落語史』【番外編】

4月中旬以降、オンライン配信落語会が増えてきた。中で、無料配信や投げ銭方式ではなく「電子…

「『ボヘミアン・ラプソディ』の謎を解く」執筆にまつわるエトセトラを編集者とZOOMで対談してみた(前編)

「『ボヘミアン・ラプソディ』の謎を解く」執筆にまつわるエトセトラを編集者とZOOMで対談してみた(前編)

映画研究者かつクイーンの音楽を愛する菅原裕子さんが、「過去1000年でイギリス人が選んだ最も重要な曲」に込められていると噂される、ある「謎」を追いかける連載「『ボヘミアン・ラプソディ』の謎を解く」。
前回、ターニングポイントとなる重要な仮説(=謎)にようやくたどり着きました。

後半戦に入る前に一休み、ということで、今日は執筆の裏話をご紹介します。名古屋に住む菅原さんと編集者(高橋)がZOOM

もっとみる
【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.7

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.7

山田玲司『非属の才能』

「こうすればオイシイ思いができる」という立場の人たちが「どうでもいい」と思っている人たちをコントロールして多数決は決まるのだ。

好井裕明『「あたりまえ」を疑う社会学』

「普通」より、ほんの少し上位の「美しさ」を手に入れたいとする願望。こうした願望には際限がない。どこまで手に入れたから、実現したから終了ということにはならない。なぜなら「普通」はもともと先が見えない"空洞

もっとみる
【64位】ボブ・ディランの1曲―時を旅しても、いつもかならずブルーにからめとられ

【64位】ボブ・ディランの1曲―時を旅しても、いつもかならずブルーにからめとられ

「タングルド・アップ・イン・ブルー」ボブ・ディラン(1975年1月/Columbia/米)

Genre: Folk Rock
Tangled Up in Blue - Bob Dylan (Jan. 75) Columbia, US
(Bob Dylan) Produced by Bob Dylan
(RS 68 / NME 277) 433 + 224 = 657

ジミヘンが出るとディラン

もっとみる
消滅するエンガワ丼の謎。|パリッコの「つつまし酒」#62

消滅するエンガワ丼の謎。|パリッコの「つつまし酒」#62

人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。
いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。
混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡いだエッセイ、noteで再始動! 
そろそろ飲みたくなる毎週金曜日17時の更新です。

まる

もっとみる
世界最大のツイッター炎上事件―ネットリンチで人生を破壊された人たち

世界最大のツイッター炎上事件―ネットリンチで人生を破壊された人たち

昨今、SNS上での個人攻撃――いわゆる「ネットリンチ」が過激化し、痛ましい事件も起きてしまいました。このような現象を防ぐことはできないのか? かつて起きた、世界最大のツイッター炎上事件――ネットリンチ事件を基に考察してみたいと思います。事件は2013年12月20日に起きました。ある女性の冗談ツイートが、人種差別的だとして大炎上し、彼女の名前はツイッターの全世界トレンドランキング一位となったのです。

もっとみる
思い出の名高座① 喬太郎の『とはの謎』―広瀬和生著『21世紀落語史』【番外編】

思い出の名高座① 喬太郎の『とはの謎』―広瀬和生著『21世紀落語史』【番外編】

4月中旬以降、オンライン配信落語会が増えてきた。中で、無料配信や投げ銭方式ではなく「電子チケットを購入して観覧する無観客落語会」として逸早く動き始めたのは(立川こしらのような「例外的な存在」を除けば)橘家文蔵の「文蔵組落語会」だ。これは、文蔵の後援会「三代目橘家文蔵組」の会員は無料で視聴可能だが、一般人もストリーミング視聴券を購入できる仕組み。第1回は三遊亭兼好をゲストに迎えて4月9日に行なわれた

もっとみる